>

沖縄の霊能者、ユタ

ユタとは、沖縄および鹿児島県奄美群島の地域に根ざした民間の霊媒師(=シャーマン)のこと。神様と人間の橋渡しをして神の言葉を伝えることが主な役目ですが、霊的問題の解決から家庭問題などの個人的なことまで、あらゆる問題の解決を生業としています。

沖縄の人と共に生きてきた「ユタ」

沖縄・琉球などでよくみられるユタ霊能者と同じく有名な魔除けのシーサー

沖縄とその周辺の島々では、古来より霊能力をつかってカウンセリングを行なう「ユタ」や「祝女(ノロ)」と呼ばれる霊能者が人々の生活を支えてきました。死者と生者の交流を図るユタは、東北の霊媒師「イタコ」と非常に似通っている存在。沖縄におけるイタコ的存在だといえるでしょう。その土地の人々の生活に根ざした活動をしている(=ユタがいないと様々な面で不都合が生じる)という点も、イタコと同じ。

また、家を新築した際の祈祷や、親族が亡くなった際の供養をするのは、神道の神主や仏教の僧侶と同じ役目を担っているといえるでしょう。

ところで、祝女が公的な祭祀や共同体の祈願行事の司祭をするのに対し、ユタは各家庭の個人的な問題など私的な領域を扱う存在。霊界とのつながりも深く、呪術的な能力も高いことから、オールマイティな相談役として陰で沖縄を支えてきました。「不運の連続を止めてほしい」「事業がうまくいかない理由を診断してほしい」「家族問題を解決してほしい」「先祖供養をお願いしたい」…。そういった相談事を、沖縄ではユタが一手に引き受けてきたのです。ユタは地域に根ざした存在で、沖縄には古くから「医者半分、ユタ半分」ということわざもあるほど。実際、精神的に不安定な患者に対して、医者がユタを勧めることもあるといいます。

ユタになることは宿命

カミダーリィを経験しユタとなった人々

ユタは、神と人間の橋渡しをする人物。神に選ばれた特別な人間であり、神霊・死者霊・精霊といった霊界の存在と交流し、その意志を聞きだすことのできる特異な霊的資質を有している必要があるのです。「ユタになる人は、生まれた時から運命づけられている」。そう信じている沖縄の人たちは今も少なくありませんが、生まれた時から本人がそのことをわかっているわけではありません。ユタとなるべき運命の知らせは、ある日突然来ることになるのです。

その知らせのひとつが、神の導きによる幻覚を伴った無意識行動で、沖縄の人々はこれを「カミダーリィ」と呼びます。このカミダーリィにくわえ、病気や離婚などの信じられないほどの苦労などが重なった末に「ユタになり、神事に入りなさい」という神の啓示(お知らせ)があるのだそうです。 とはいえ、ユタになれば何をおいても神事を優先しなければならないため、ほとんどの啓示を受けた人はユタとして生きていくことに戸惑いを覚え、躊躇するといいます。ですから知らせに気づかないふりをしたり、無視したりするのですが、そうするとまたカミダーリィに襲われることに…。いわば、ユタになることは避けようのない宿命。ユタになる人は、入巫するまでにこのカミダーリィを必ず経験するといわれていて、「ユタになることを拒めば、その不幸はずっと続くことになる」といわれています。拒めば拒むほど、病気や人間関係の苦痛を味わい、ユタとしての道を余儀なくされるのです。ですから、ユタと生きている人のほとんどが、自ら望んでなったわけではありません。また、ユタの歴史を見ると弾圧されてきた時代が長かったこともあり、なかには「ユタ」と呼ばれることに抵抗を感じる人も。ユタとは名乗らず、「かみんちゅ(神人)」といった別の呼称で名乗る場合も多いようです。

多岐にわたるユタの業務

神事や祭事等の際に神と人とをつなぐユタ

ユタは人々のあらゆる要望に応えていますが、主に以下のようなことを行なっています。
「新年にその年の運勢を託宣する」「医師も診断のつきかねる病を判断し治癒方法を指示する」「親族関係の問題の判断」「夢見の分析」「事業に不運が続く者の診断」「土地購入・新築・開店などの際に先行きを占い、祈りを捧げる」「結婚の前に相性を診断する」「先祖供養などの正しいあり方を指示する」「死者供養のための回向(仏教における法事のようなもの)」「悪霊や邪霊の祟りを祓う」「旅の安全祈願」など。

宮古島では、海開きやトライアスロン大会を開催する際は、今でもユタに安全祈願を依頼しているとか。また、身近な人が人生に行き詰ると、沖縄の人はたいてい「ユタのところに相談に行け」とアドバイスしています。

電話占いの霊能者はユタに代わる存在

神に祈りをささげるユタ

とはいえ、ユタの大多数が鑑定において霊的アドバイスを行なえるわけではなく、自宅で神に祈りを捧げる程度。霊との橋渡しを行なったり、除霊や浄霊を行なえたりするユタは、実際にはほんの一握りしかいないといわれています。だから強い力を持つ“本物の霊能者”には、霊感・霊視・予知・除霊・浄霊のどれをとってもユタは歯が立たないとか。多くの人がすべての面において霊能者のほうが勝っていることに気づき、近年ではユタよりも霊能者に霊的アドバイスを求めるようになりました。

そんな霊能者のなかでもっとも頼りになるのは、やはり電話占い会社に在籍している霊能者でしょう。遠隔であっても霊視や除霊などを行なえる高い霊能力の持ち主しか、電話占い会社の霊能者として在籍することを許されないからです。霊能者の霊視能力や予知能力がユタをはるかに上回っていること、そしてわざわざユタに頼まなくても電話一本であらゆる問題を解決してくれること…。多くの人がこれらの利点に気づき、今や電話占いの霊能者は、ユタに代わる存在といわれるまでになりました。なかでも電話占い六華院の霊能者は精鋭ぞろいで、問題の解決がスピーディーだと評判。沖縄のユタが解決できなかった霊的問題をたった一回の鑑定で解決したことも、一度や二度ではありません。

電話占いは場所を選ばずどこからでも鑑定依頼ができるため、沖縄の地を離れて本土に暮らす人であっても利用が可能。電話占い六華院の霊能者陣の鑑定は、「帰省がかなわず、ユタに相談したくてもできなかった」と嘆いていた元沖縄住人の方々からも、たいへんご好評をいただいております。利用者のニーズに合わせて、何もかもが変化していく時代。時代に即した霊能者が、今求められているのです。恋愛、人間関係、仕事、霊的問題…。みな様も何かお困りの際は、ぜひ電話占い六華院の霊能者までご相談ください。

▲ページの上部へ

鑑定中の通話料が無料! 0120-04-66-04
  • 有名雑誌掲載情報
  • 雑誌掲載記事紹介
  • 有名人霊視実績
  • 本物の霊能者たちが集う電話占い

知られざる霊・霊能者の世界

  • 未来予知的中実績
  • 沖縄の霊能者ユタ

新着情報

17/05/16
遠い未来まで予知で確実に当てる!千夜香先生のご案内をいたします。

17/05/11
相性霊視から霊障トラブルの解決まで、万能の霊能者である久木先生をご紹介いたします。

17/05/02
不倫相談を最も得意とする善春先生が在籍スタートです。